ボランティア活動企画

原爆写真展ユースボランティア

開催日時
2024年07月22日(月)
(09:00~16:00)
2024年08月03日(土)
※1日から、午前(9:00~12:00)・午後(13:00~16:00)どちらかのみの参加も可
場所・アクセス
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎市平野町7-8)
【アクセス】「原爆資料館」電停徒歩4分
内容
【事前研修】7月14日(日)10時〜、21日(日)10時〜2時間程度
※事前研修は1日のみでOK。

原爆写真展の来客対応。誘導や写真についての簡単な説明・研修あり。
ボランティア募集対象は小学校高学年から大学生まで。7月22日〜8月3日の写真展ガイド体験後、参加者同士で振り返りを行い、それぞれの意見を反映したオリジナルの企画展を8月下旬に開催する。その際、大学生にはリーダーシップをとってもらう。
ボランティアで学べること
長崎に住むものとして長崎原爆の被害を写真資料を通してより深く理解し、人に説明できるようになる。
また、写真展来場者は子供や観光客、外国人が多いと予想されるので、教育分野や外国語科目を履修している学生にとって学びの実践の場となる。
交通費
写真展期間中実費支給。(研修の交通費支給はありません)
食事
謝金
保険
やってみゅーでスク・U-サポで加入しているボランティア活動保険が適用されます。
留学生の参加
日本語でコミュニケーションがとれる
その他
※事前研修の参加希望日(7/14or21)を明記の上、申込要。
申し込み後、実際に活動する日時の希望を取って調整。
募集人数
30名
募集締切
7月12日(金)、19日(金)
団体名称
Studio One Nagasaki
参考資料
Copyright@ 2013 Yattemyu-desk, Nagasaki University, All Rights Reserved.